ディスプレイの種類 デジタルサイネージを導入

ディスプレイの導入を考えている企業の方々は、現在、デジタルサイネージについて関心を持っている頃ではないでしょうか。

そろそろ、デジタルサイネージも、ディスプレイの種類のひとつとして入れなければならない時代に突入しています。

デジタルサイネージとは

デジタルサイネージとは、従来の看板や紙のポスターに代わり、液晶ディスプレイやLEDを用いた映像表示装置などのデジタル映像機器を使って、情報を発信するシステムの総称のことです。

デジタルサイネージは、液晶ディスプレイや、LED表示装置などのデジタル映像機器とデジタル化されたコンテンツを組み合わせ、表示をスムーズに変えることができるため、店頭や店内、屋外、公共空間、更に交通機関・オフィス……と言った様々なシーンにおいて、かなり有効的に利用することができます。

デジタルサイネージの主なメカニズム

デジタルサイネージのメカニズムは、 一般的な動画・静止画などデジタル化したコンテンツをディスプレイに接続する再生装置によって再生&表示するメカニズムがひとつあります。

また、ネットワーク技術を活用し、インターネット含めた情報ネットワークや無線LANを使用し、 一般的な動画・静止画デジタルコンテンツを配信する手段があります。

ネットワークを有効的に活用できるメカニズムによって、デジタルサイネージは、かなり用途の幅を広げることになります。

これから広告展開にデジタルサイネージを利用しようという人たちも、もっともっと増加していくことでしょう。

ネットワーク配信型は、時間・場所に対して臨機応変に対応することができる方法です。

WEBコンテンツを自在に活用することができることで、複数の場所にあるデジタルサイネージの表示内容だって、ワンタッチでインターネットを経由して、一括更新することができます。

また、タッチ対応デジタルサイネージを広告展開で利用すれば、「施設案内」や「イベント情報」など、利用者が知りたい様々な情報を即提供することができます。

ネットワーク配信型デジタルサイネージは管理用パソコンからインターネットを通し、放映用コンテンツをメディアプレイヤーに入れて、放映します。

また、オンラインで複数拠点の放送管理も、スムーズに行うことができます。

更に、HTML5を活用しWebブラウザであれば、 メディアプレイヤーが不要の「クラウド型のデジタルサイネージ」も実現することができます。