no-image

モニターレンタル いま屋内LEDビジョンに需要が

モニターにはいろいろな種類があります。みなさんは、一体どのようなモニターをレンタルしたいと考えているのでしょうか。

「LEDビジョン」をレンタルしたいと思っている人たちもいるでしょう。

実際にLEDビジョンはどんな感じなのでしょうか。

LEDビジョンとは

大型のLEDビジョンをレンタルしたいと思っている人たちもいらっしゃることでしょう。そもそも、LEDビジョンとはどんなモノなのでしょうか。

大型LEDビジョンは、野外で使用するというイメージはあるかもしれないですよね。 ビルの屋上や壁面、アミューズメント店の屋外というシーンにおいて、大型LEDビジョンはよく見かけます。

しかし、屋内では、このようなタイプのものは、あまり使用する気持ちって起こらないかもしれないですよね。

様々な用途でモニターレンタルを考える

とにかく、みなさんがどのようなシーンでモニターを使用したいのか、明確にして正しいモニターレンタルの選択をする必要があります。

LEDビジョンとは小さなLED球の集合体であって、球の密度が高いほど精細な画質を得ることができますが、逆の場合は、粗い画質になってしまうことになります。

モニターで言えば、画面解像度のことです。ピクセルという画像データに置き換えしてもいいでしょう。

画像の粗い感じは、近くで見ればわかってしまうのですが、遠めに見れば、ほとんどは気にならない感じです。小型のLEDビジョンをレンタルという場合には、かなり粗い感じに見えてしまうでしょう。

LEDビジョンは、明るさがあって視認性に優れ、液晶モニターとも違います。表面に凹凸があって、光の反射がかなり抑えることができ、直射日光を受けるような場所でも大型LEDビジョンならある程度の視認性は確保できるでしょう。

LEDビジョンが屋内で利用されるものかといえばいままではそうではなかったのですが、現在新しい形の屋内用LEDビジョンに注目が集まっていることをご存じでしょうか。

屋内用LEDビジョンの特徴

いま、モニターレンタルをする人たちは、屋内用LEDビジョンも視野にいれて、いろいろなものを検討してみてはいかがでしょうか。きっとみなさんの目的に一番叶ったものを見つけることができるはずです。

屋内用LEDビジョンの特徴として、屋外のものとは違い、画像が粗く見えてしまうことや、明るすぎて逆に煩わしいという問題点を抱えていたのですが、屋内用のものに対しては、“ピッチ間隔を狭めること”で画像の粗さの問題を解消することができました。

近年ピッチ幅の狭いLEDビジョンが次々と登場して来ているから、屋内LEDビジョンをレンタルしようという人たちも増えて来ています。

いかがでしょうか。モニターレンタルを頻繁に利用している人たちには、屋内LEDビジョンの情報も興味ある情報ではないでしょうか。